--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デニム股下のリペアです。

2014年08月19日 17:04

本日はデニムの股下のリペアを紹介します。

股下の修理に関してですが、

そのまま裏から芯や当て布をしてタタキ補強する方法と、

一度、縫製をばらしてからパターン状に修理し、再度縫製する方法と

2通りあります。もちろん後者の方が金額がかかりますが、

デニムの破れの状態を見せていただいて直す方法をオススメしています。

簡単な写真ですが、ご覧下さい。

P7120013.jpg

サンプルその1  こちらは縫製をほどかずに修理できる破れです。

P7120014.jpg

サンプルその2  こちらは縫製を一度ほどいて修理することをオススメする破れです。

         理由は、後ろ身頃の破れと前身頃の破れが繋がってしまっているからです。

         そのまま接着芯をあててリペアすることもできなくはないのですが、

         修理後の補強度がやはり違ってきます。

本日は縫製を解かず修理する サンプルその1 のリペアを紹介します。

P7120015.jpg

裏返しにして綾織りタテ落ちをアイロンで整え、接着芯を貼ります。

あとはミシンを走らせます。

P7120016.jpg

修理後の裏の画像です。糸を見れば補強具合がわかります。

P7120017.jpg

修理後のおもての画像です。縦落ちによく馴染んでいるとおもいます。

P7120018.jpg

修理後のアングル近めの画像です。


それでは本日も修理依頼お待ちしています。

現在の納期は翌日お渡しです。早い時間に持ち込みいただけたら

当日お渡しも可能ですので宜しくお願いします。

okidoki

03-3406-4540


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://okidokidenim.blog.fc2.com/tb.php/119-16f05bc7
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。