--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続646E太もものリペアです。

2014年08月29日 15:25

本日も太もものリペアの紹介です。


P7210019.jpg

修理する前の画像です。生地も全体的に薄くなっています。

P7210020.jpg

近いアングルの画像です。

P7210021.jpg

裏返しにして縦落ち、綾織りをアイロンで整え、接着芯を貼ります。

P7210022.jpg

修理後の裏の画像です。補強の具合がわかります。

P7210023.jpg

出来上がり表側の画像です。縦落ちによく馴染んでいるとおもいます。

P7210024.jpg

近めのアングルです。

それでは本日も修理依頼お待ちしています。

現在の納期は翌日お渡しです。裾上げや簡単な修理内容の物は、

早い時間に持ち込みいただけたら当日お渡しも可能です。

宜しくお願いします。

okidoki
03-3406-4540
スポンサーサイト

646Eの太ももの穴のリペアです。

2014年08月28日 17:06

本日は太もも小穴のリペア紹介です。


P7200019.jpg

修理する前の画像です。

P7200020.jpg

アングルを近ずけます。

P7200021.jpg

裏返しにして、縦落ち、綾織りをアイロンで整えて接着芯を貼ります。

それからミシンを走らせます。

P7200022.jpg

出来上がり裏の画像です。

P7200023.jpg

出来上がりおもての画像です。

P7200024.jpg

アングルを近ずけてみます。縦落ちによく馴染んでいるとおもいます。

これくらいの内容のリペアでしたら1時間くらいでできます。

以上。リペアサンプル紹介でした。


本日も修理依頼お待ちしています。

現在の納期は翌日お渡しです。裾上げや簡単な修理内容のものは早い時間に

持ち込みいただけたら当日お渡しも可能です。

宜しくお願いします。

okidoki
03-3406-4540

lee 101j の肩の小穴のリペアです。

2014年08月27日 17:31

小さな小穴でも気軽に持ち込みでいらしてください!

本日は小穴のリペア紹介です。



P7190020_20140827172810e2c.jpg

修理する前の状態です。

P7190021_20140827172809f55.jpg

裏返して、織りを整え接着芯を貼ります。

それからミシンを走らせます。

P7190022_2014082717280974c.jpg

出来上がり裏の画像です。

タタイた部分がわかります。

P7190023_201408271728085f5.jpg

出来上がりの表の画像です。

P7190024_201408271728070cc.jpg

角度を変えたアングルです。縦落ちによく馴染んでいるとおもいます。

これくらいの修理でしたら、仕事が混んでいなければ1時間以内にお渡しできます。

それでは本日も修理依頼お待ちしています。

現在の納期は翌日お渡しです。裾上げや簡単な修理内容のものは早い時間に持ち込みいただけたら

当日お渡し可能です。宜しくお願いします。

okidoki
03-3406-4540

チェーンステッチの裾上げは当日お渡しです。

2014年08月26日 19:28

持ち込みのチェーンステッチは当日お渡しできます。

お時間は30分から40分いただきます。

料金は¥2100円になります。


そういう訳で本日はチェーンステッチの紹介です。

シングルで縫われているものを一度ほどいてチェーンでやり直します。


P7190019.jpg

修理する前の裾です。

P7190020.jpg

折り返してみます。

P7190021.jpg

近めのアングルです。

この状態から、ステッチをほどいて、長さや縫い代を整えます。

それからチェーンステッチです。

当店ではユニオンスペシャルの43200Gを使用しています。

P7190022.jpg

出来上がりの画像です。裾のうねりがわかります。

P7190023.jpg

出来上がりの画像です。折り返してみます。雰囲気がずいぶんと変わっていい感じです。

P7190024.jpg

アングルを近ずけてみます。

本日も修理依頼お待ちしています。

現在の納期は翌日お渡しです。早い時間に持ち込みいただけたら

簡単な修理内容のものは当日お渡しもの可能です。

宜しくお願いします。

okidoki

03-3406-4540

501e 66前期の太もものリペアです。

2014年08月23日 18:55

本日は色薄めの501e66の太もものリペアです。


P7160020.jpg

修理する前の画像です。

P7160021.jpg

裏返しにして、縦落ち綾織りをアイロンで整え接着芯を貼ります。

それからミシンを走らせます。

P7160022.jpg

出来上がりです。

P7160023.jpg

近めのアングルです。微妙に糸のぼかしが甘いので

違う色でもう一度たたきを入れてみます。

P7160025.jpg

前よりも縦落ちに馴染んだとおもいます。

それでは本日も修理依頼お待ちしています。

現在の納期は翌日お渡しです。裾上げなどの簡単な修理内容のものは

早い時間に持ち込みいただけたら、当日お渡しも可能です。

宜しくお願いします。

okidoki
03-3406-4540

501e66前期膝の応急処置リペアです。

2014年08月22日 18:49

今日は膝の破れのリペアです。

低予算でも、しっかりした補強はできます。


P7150019.jpg

修理する前の画像です。

P7150020.jpg

縦落ちと綾織りをアイロンで整え、接着芯を貼ります。

P7150021.jpg

タタキ補強をする前の画像です。

これからミシンを走らせます。

P7150022.jpg

出来上がりです。横糸がちらちらと見えますが、

これくらいのタタキでもしっかりと補強されています。

P7150023.jpg

近めのアングルです。

もちろんタタキで目立たなくしたければ追加でミシンを走らせれば綺麗に修理できます。


それでは本日も修理依頼お待ちしています。

現在の納期は翌々日お渡しできます。裾上げ等の簡単な修理内容のものは

もちろん当日お渡しできます。

宜しくお願いします。

okidoki
03-3406-4540

魅せるデニムのタタキです。

2014年08月21日 18:17

デニムのタタキは

補強するのが一番の理由だとおもいますが、

なおかつ 見た目の綺麗さも 必要です。

破れなら、しつけ糸、接着芯の材料とタタキで修理できますが、

大きくカットされて生地がなくなっている場合、

デニムの生地も必要としますし、そっくり似た様なデニムの生地を

探して見つけるのも容易ではありません。

今日のリペアは以前 leeの101zの膝のリペアで紹介した内容と

同じで、タタキの技術を追求したものとなっています。

ご覧下さい!



P7140019.jpg

修理する前の状態です。10センチ×10センチくらいのカットがあります。

P7140020.jpg

似た様な色のデニムの端切れはありませんでしたが、濁った雰囲気だけはあわせました。

P7140021_2014082117485167f.jpg

縦落ち綾織りをアイロンで整え接着芯をはります。

デニムの端切れの上からも接着芯を貼ります。理由はタタキをしてる最中にずれてくるのを

防止するためです。

P7140022.jpg

作業完了です。簡単にみえるかもしれませんが、かなりの技術が必要です。

縦の繋には綾織りに斜めにタタキ補強をし、色目のバランスをみながら糸の色を変え、

ぼかしていきます。4色の糸を使ってタタキをしています。

P7140023.jpg

縫製して出来上がりです。縦落ちによく馴染んでいるとおもいます。

それでは本日も修理依頼お待ちしています。

現在の納期は翌々日です。裾上げなどの修理内容の簡単なものは

早い時間に持ち込みいただけたら当日お渡し可能です。

宜しくお願いします。

okidoki

03-3406-4540

デニムの股下の修理その2

2014年08月20日 19:43

今日は昨日紹介した股下の修理の続きで、

縫製をほどいてから修理する方法の紹介です。


P7120014.jpg

修理する前の画像です。

P7120013_20140820191818514.jpg

縫製をほどきます。

P7120015_20140820191818731.jpg

縦落ち綾織りをアイロンで整え、接着芯を貼ります。

後はミシンを走らせます。

P7130016.jpg

タタキ処理完了です。これから元の形に縫製します。

P7130017.jpg

出来上がりです。縦落ちによくなじんでいるとおもいます。

P7130018.jpg

違う角度から写してみました。

縫製を一度ばらしてからの股下の修理は料金は高くなりますが、見た目もきれいに

直りますし、生地の厚みのバランスもうまく調整できますので

それから破れることはほとんどないとおもいます。

それでは本日も修理依頼お待ちしています。

現在の納期は翌日お渡しです。早い時間に持ち込みいただけたら

当日お渡しも可能です。

宜しくお願いします。

okidoki
03-3406-4540

デニム股下のリペアです。

2014年08月19日 17:04

本日はデニムの股下のリペアを紹介します。

股下の修理に関してですが、

そのまま裏から芯や当て布をしてタタキ補強する方法と、

一度、縫製をばらしてからパターン状に修理し、再度縫製する方法と

2通りあります。もちろん後者の方が金額がかかりますが、

デニムの破れの状態を見せていただいて直す方法をオススメしています。

簡単な写真ですが、ご覧下さい。

P7120013.jpg

サンプルその1  こちらは縫製をほどかずに修理できる破れです。

P7120014.jpg

サンプルその2  こちらは縫製を一度ほどいて修理することをオススメする破れです。

         理由は、後ろ身頃の破れと前身頃の破れが繋がってしまっているからです。

         そのまま接着芯をあててリペアすることもできなくはないのですが、

         修理後の補強度がやはり違ってきます。

本日は縫製を解かず修理する サンプルその1 のリペアを紹介します。

P7120015.jpg

裏返しにして綾織りタテ落ちをアイロンで整え、接着芯を貼ります。

あとはミシンを走らせます。

P7120016.jpg

修理後の裏の画像です。糸を見れば補強具合がわかります。

P7120017.jpg

修理後のおもての画像です。縦落ちによく馴染んでいるとおもいます。

P7120018.jpg

修理後のアングル近めの画像です。


それでは本日も修理依頼お待ちしています。

現在の納期は翌日お渡しです。早い時間に持ち込みいただけたら

当日お渡しも可能ですので宜しくお願いします。

okidoki

03-3406-4540

股下ダメージの応急処置的リペアです。

2014年08月16日 19:26


雰囲気のあるダメージ具合もあじですが、

放っていると、虫歯といっしょで

とんでもないことになります。

修理の方法や、予算など、ご相談にのります。

今日はそのまま放っていると、とんでもないことになる股下のリペア

を紹介します。



P7090013.jpg

修理する前の状態です。

P7090014.jpg

裏返しして縦落ち、綾織りをアイロンで整えます。

横糸が切れてない部分にはしろもをたして接着芯を貼ります。

それからミシンを走らせます。

P7090015.jpg

出来上がりです。予算都合で最低限のタタキにしています。

補強具合に関しては、これぐらいのタタキで全く問題ありません。

破れが広がる心配なく安心して着用していただけます。

P7090016.jpg

修理後左側の近ずけた画像。

P7090017.jpg

修理後右側の近ずけた画像。

今日の修理方法はタタキ処理をもう少し多く施せば、目立たない感じにも

できますので、予算がある時に追加で修理することができます。

他にも、リクエストがあれば、気軽にご相談ください。

それでは本日も修理依頼お待ちしています。

現在の納期は翌日お渡しです。早い時間に持ち込みいただけたら

当日にお渡しすることも可能です。

裾上げ等の簡単な修理内容のものは、もちろん当日お渡しできます。

宜しくお願いします。

okidoki

03-3406-4540




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。